TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


新年のご挨拶 

2013年01月05日 ()
20130102220544.jpg
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2013.01.05(Sat) 23:21] ごあいさつTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


道明寺手作りの市 

2012年05月28日 ()
2年ぶりに道明寺手作りの市に出展してまいりました

今回も嬉しいことにお天気に恵まれ、
市も大勢の方々がご来場です

05.jpg




岡田染工場は、今までのオリジナル手ぬぐいに加えて
新たに『コケシ手ぬぐい」3種を制作しました

03.jpg



市のオープンとほぼ同時に、コケシマニアなお客さまの目に止まり
図案のモデルとなったコケシの産地まで明確に当てた上
3枚一気にお買い求めくださりました。

01.jpg

頭の模様や顔つきでお分かりになるんだそうです
みなさん、分かります?


幸先良いスタートが功を奏して
その後もご好評を賜わりました


ありがとうございます!


いつもは工房でハッピや幟(のぼり)の制作に黙々と勤しんでいる岡田染工場。
久々にお客さまと触れ合える良い時間でした



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2012.05.28(Mon) 20:56] お知らせTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


『かすうどん 恵果』様の油譚(ゆたん) 

2011年12月14日 ()
今回ご紹介する品は、
12月15日にオープンをひかえた
『かすうどん 恵果』様からご依頼がありました油譚(ゆたん)です。

店内に備え付けられた大きな棚のカバーとして
真ん中に大きく「かすうどん」の丼の図柄をあしらいました。

岡田染工場も僭越ながら
オープニングパーティにお招きいただき、
その落ち着いた店内にしっくりと馴染んでいる様子を撮らせていただいた画像です。

kasudon.jpg


ごちそうになったかすうどんも大変美味しく
「かすうどんってこういうモノだったのかっ!」
今まで持っていたイメージを大きく覆されてしまいました。

澄んだお出汁にコラーゲンの塊のような油かすがきらきらと浮かんでいて
きれいなのです。

あんまり美味しくて
あっさりとしているのに深みとこくのあるお出汁を飲み干し、完食してから
写真を撮るを思い出したほどでした。。。

なので
他の方のオーダーのおうどんを撮らせていただいたのが
こちら↓
kasudon1.jpg


トッピングも様々なものを選ぶことができ
(私はきつねを選びました)
こちらには天ぷら、さらにキムチも入っているそうです。
天ぷら衣がまるで炎のようです~。

お酒飲んだ後、締めの一杯にもってこいですね。


=====================

『かすうどん 恵果』様

〒537-0024
大阪市東成区東小橋1-1-6

営業時間/11:30~23:30
駅から徒歩5分かかりません。


油譚(ゆたん)と同じ柄ののれんが目印です!↓

20111126150820.jpg






[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2011.12.14(Wed) 14:45] オリジナルデザインTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


加トちゃん一座 

2011年09月22日 ()
今年の夏もたくさんのハッピを染めさせていただきました。
ありがとうございます!

その中でも個性的なのをひとつご紹介します。
加トちゃん一座のハッピです。
最近、おめでたい話がありましたね~。

20110908180514.jpg





まさに「加トちゃんぺ」なお顔がとってもチャーミングな背柄ですね


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2011.09.22(Thu) 22:09] 制作Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


神戸市東灘区 森地区さまのハッピ 

2011年04月12日 ()
神戸市東灘区 森地区さまから
ハッピのデザインを一新されるにあたって弊社にご依頼いただきました。

とても雄々しく、そして縁起の良い柄のハッピができましたので
ご紹介します。


背中には大きく『森』の印と黄色の三つ巴
裾柄の水しぶきも鯉も躍動感があります。

mori1.jpg



mori3.jpg




さらに表には亀が二匹。
亀の口元から出る気泡の色が変えてあるところがポイントですね。

mori2.jpg






職人魂を刺激される凝ったデザインで
岡田染工場としましては、とてもやりがいを感じました。


森地区の皆様
ありがとうございました!



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2011.04.12(Tue) 20:26] ハッピTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。